9784433542047

マイナンバーを利用することで幅広いサービスを受けられるようになり、とても便利になる予定ですが、その一方で、マイナンバーが流出して悪用されることが懸念されています。

企業にとってはマイナンバーが流出すると、厳しい罰則の対象になる可能性もあり、マイナンバーの管理に頭を悩ませている企業も多いと思います。

そんな企業の悩みを解決するために、マイナンバーの流出を防止するために、様々な企業がマイナンバー管理ソフトの提供を始めました。

数々のマイナンバー管理ソフトが販売されていますが、どのソフトも主な機能は、マイナンバーにアクセスできるパソコンの制限管理、マイナンバーにアクセスした履歴の保存です。

この2つの機能があれば、マイナンバーが流出しても不正なアクセスはすぐに判明します。また、社内でマイナンバーを不正に入手するのは、とても難くなりますし、もし、不正にマイナンバーを入手できたとしてもマイナンバーを不正入手した人物を特定することも容易です。

マイナンバー管理ソフトを導入することは、マイナンバーを適切に管理する方法として有力な方法だと思います。

スポンサーリンク

マイナンバーの利用履歴は第三者が見ることはできる?

マイナンバーの利用履歴は、第三者が見ることはできないように管理されています。

マイナンバーのデータ管理のみならず、マイナンバーの管理画面のセキュリティや、サポート面も考慮してソフトを選択することが大切です。

スポンサーリンク

マイナンバーの利用履歴をみたい場合は?ネットで見れるの?

マイナンバーの利用履歴は、パソコンを利用してネット経由で見れるソフトが多いです。

マイナンバーの管理画面の操作や、自分が想定する範囲で利用できることなど、ソフトのインターフェイスも導入時に検討する必要があります。

まとめ

マイナンバー管理ソフトは、マイナンバー流出を防止する有力な方法ですが、導入費用は安くはないと思います。

ですが、もし社内の誰かが個人的な理由でマイナンバーを流出させた時には、流出させた個人を雇用している企業も罰則を受けます。

そして、マイナンバーの流出には、厳しい罰則が整備されています。

マイナンバー管理ソフトを導入することで、犯罪を防止できるなら、導入費用分の価値は充分あると思います。

また、マイナンバー管理ソフトの導入を社内に提示することで、マイナンバーを不正入手することは、マイナンバー管理ソフトがあるので、とてもできないと思わせ、犯罪を思い留まらせる効果も期待できます。

スポンサーリンク